前へ
次へ

大切なペットだからこそ大切にしたいペット葬

近年、ペットの社会的地位が西欧を中心として上がってきました。ペットはぬいぐるみのような存在ではなく、命を持った生き物で、人間のために有用な働きをしてくれ、かつ、家族の一員としての資格もあるという点が見直されているのです。ペットは子供のいない家庭にとっては、子供の代わりとして愛玩されています。また、人間と同様にしつけをされ、人間の感情を理解してくれる上に、彼らの感情を人間に向けて出してきます。まさしく人間と対等に扱う条件が揃っていると言えるのです。ペットショップには、ペットの生活用品が所狭しと並べてあり、ペットたちが快適な生活を送ることができるようにさまざまな製品や商品が売られ、動物病院などペットの健康状態を維持管理できる機関も揃っています。そして、ペットにも寿命があります。長年連れ添ってきたペットの最期に、家族同然にしてともに過ごしてきた家族としては、大切に葬ってやりたいと思うでしょう。そこで、ペット葬が用意されています。ペット葬は火葬ですが、合同火葬、個別火葬、立会火葬、特別火葬など多くの火葬の種類がある上、立派なペット霊園なども容易されています。

Page Top